ヤッホー隊長の
世界遺産めぐり

現在25件中17件
訪問済み

ヤッホー隊長の
百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!




ヤッホー隊長の
らーめん食べ歩きメモ

700店舗以上、1000種類以上のらーめんを食べています




ヤッホー隊長の
お遍路の旅

2020年4月18日
四国88箇所1167kmを歩いて37日間で完了!




ヤッホー隊長の
自転車日本一周の旅

第1クール:八千代市(千葉県)の自宅~(太平洋岸を)~青森
第2クール:函館~(北海道一周)~函館~青森~秋田
第3クール:秋田~小倉
第4クール:小倉~鹿児島~種子島・沖縄・奄美大島一周







2022年5月31日 奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島

沖縄島北部の自然遺産を自転車で巡る

今帰仁海辺のキャンプ場=8km(0:26)=古宇利大橋=58km(2:53)=辺戸岬=63km(4:02)=料理民宿・東のオズ

本日、自転車日本一周第4クール16日目(全体の79日目)。
テントの外を眺めると重い空。雨は降っていないが、今にも降り出しそう。
6時半過ぎに出発。まずは、近くの古宇利島を目指す。島には古宇利大橋(写真)で渡るが、晴れていれば素敵な架け橋だろうが、曇天の中ではイマイチ。島を一周する。一周する途中には「始まりの洞窟」「ティーヌ浜 ハートロック」「古宇利オーシャンタワー」などの観光地があるが、「始まりの洞窟」はイマイチで素通り、その他は、営業時間外だった。結局、古宇利島を一周しただけだが、朝の準備運動としては素敵。一周13Kmほど。
7時半頃、一瞬太陽が顔を出す。今日も素敵に天気予報を裏切ってくれるかと期待したが、太陽はすぐに隠れる。
8時半頃、ついにポツポツと降り出す。荷物は濡れないように対策し、半袖短パンのまま走る。
今日はまだ宿を決めていない。「道の駅 おおぎみ」で小休止しながら、今日の計画を練り直す。この先の国頭村を越えると、コンビニも宿もなくなるので、行くならこの先、80kmを進まなくてはいけない。ここは決断し、80㎞進むこととし、80㎞先の宿を予約する。
ちなみに、世界遺産で「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」と言われる自然遺産があるが、既に「沖縄島北部」に入っている。私は世界遺産巡りも趣味にしているが、これで日本の世界遺産は17件目だ(全部で25件)。
9時半頃から雨は結構強くなり、辺戸岬に向かう途中で、後悔をする。やっぱり国頭村で停滞だったか。
既に宿をとってしまったので、仕方なく進み、11時前に辺戸岬に着く。ここは沖縄本島最北端の岬で、晴れていれば素敵だったろう(写真)。
昼食は、辺戸岬の施設内にあるおしゃれな店「ふしくぶCafe」さんで「Oh!ソバ」を食べる。ソーキそばだが、豚の三枚肉も美味く、スープも美味い(写真)。ソーキそば、最高!
出発の前に、ここまで半袖短パンで来たが、雨も益々強くなっているので、雨具を付ける。
さあ、宿まで60km。普通なら3時間。
岬を出発すると、海岸から逸れ、山奥に入っていく。雨は、益々強くなり、もはや豪雨。そしてこの後、結果的に40㎞ほどの激しいアップダウンと戦うことに。ちょっと自然をなめていたかもしれないと、後悔しながら、土砂降りを進む。そして前を見ると、上り坂、上り坂、上り坂。。しかも大雨でスマホの地図が見れない。。
もはやこうなると修行僧だが、漕ぎながら固く誓う。「雨の日に走るのはやめよう。」
ただ、本日以降7日間以上、降水確率70%以上だ。「だったら、大停滞してやろう。」「宝探しに来て、宝をとらずに帰るやつがいるか。」そんなことを考えながら、ひたすら漕ぐ。
15時半頃、残り18㎞のところで、雨が小降りになる。しかもこれまで上り基調だった道が、明らかに下り基調だ。
再びスマホをスタンドに付け、マップを表示し、下り始める。10㎞ほど軽快に進むと、再び土砂降りに襲われる。スマホをしまい、やっとのことで宿へ。
宿の親父と顔を合わせ、あまりの私の濡れ鼠の姿に、二人して声を上げて笑ってしまった。
その後、濡れた服を干し、シャワーを浴びて、乾いた服に着替え、落ち着いたところで、冷たいビールをがぶ飲み。美味い!
明日以降、どうしようかと考える。この東村の宿は、周りにコンビニも無く、大停滞には不都合だ。
一番近い栄えた街では宜野座があり、ここにコンビニも宿も飲食店もある。
明日は、40㎞離れた宜野座に移り、そこで大停滞か、天気予報が変わり、晴れになるなら出発しよう。
嫁さんと連絡をとったら、「19時のNHKのトップニュースが、沖縄の豪雨だったよ。」とのこと。
もう、雨の日に走るのはやめよう。

▼古宇利大橋。

古宇利大橋。

▼辺戸岬にて。

辺戸岬にて。

▼辺戸岬から見た海。

辺戸岬から見た海。

▼「ふしくぶCafe」さんの「Oh!ソバ」。

「ふしくぶCafe」さんの「Oh!ソバ」。