ヤッホー隊長の
世界遺産めぐり

現在25件中17件
訪問済み

ヤッホー隊長の
百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!




ヤッホー隊長の
らーめん食べ歩きメモ

700店舗以上、1000種類以上のらーめんを食べています




ヤッホー隊長の
お遍路の旅

2020年4月18日
四国88箇所1167kmを歩いて37日間で完了!




ヤッホー隊長の
自転車日本一周の旅

第1クール:八千代市(千葉県)の自宅~(太平洋岸を)~青森
第2クール:函館~(北海道一周)~函館~青森~秋田
第3クール:秋田~小倉
第4クール:小倉~鹿児島~種子島・沖縄・奄美大島一周







2022年5月29、30日 琉球王国グスク及び関連遺産群

沖縄の首里城を中心とした文化遺産

●5/29 識名園、玉陵、首里城
BusinessHOTEL伊佐=2km(0:07)=鹿児島空港=(飛行機)=那覇空港=8km(0:32)=識名園=3km(0:16)=玉陵=1km(0:02)=首里城=5km(0:15)=ホテルリブマックスBUDGET那覇

●5/30 今帰仁城跡
ホテルリブマックスBUDGET那覇=1km(0:05)=波上宮=34km(1:48)=残波岬灯台=5km(0:19)=座喜味城跡=7km(0:18)=真栄田岬=12km(0:32)=海中展望塔=29km(1:27)=瀬底ビーチ=10km(0:31)=沖縄美ら海水族館=1km(0:02)=備瀬のフクギ並木=8km(0:30)=今帰仁城跡=10km(0:36)=今帰仁海辺のキャンプ場

●5/29 識名園、玉陵、首里城
本日、自転車日本一周第4クール14日目(全体の77日目)。
本日は、沖縄への移動日。よって、自転車はほとんど乗らない。
7時半過ぎに宿を出発し、2km先の鹿児島空港を目指す。雨がパラパラ降っている。
空港に着き、自転車をバラす。
搭乗手続きを出発2時間前に完了。
実は、自転車を飛行機に乗せるのは初めてなので、ちょっと緊張をしていた。
時間がたっぷりできたので、空港内で、ゆっくり朝食。
10:05離陸。離陸後すぐは、錦江湾が見え、これまで走ってきたルートがよく見える。そして雄大な桜島が。その後、雲の中に入り、視界はゼロに。
那覇空港近くまで来たが、空港が霧のため視界が悪いとのことで、上空待機となる。飛行機は旋回しており、下界に素敵な海が見える。少し前までは霧でガスっていたのだろう。着陸する飛行機で渋滞ということだが、結局、予定より30分遅れて12時過ぎに到着。
この旅、23番目の県、そして私にとって人生初めての県、沖縄に入る!
やはり、沖縄は暑い!すぐに短パンに着替える。そして、自転車の組み立て。
今日は、調整日。明日から本格的に走るので、今日は、市内観光だ。まずは、8km先の識名園を目指す。
途中、「通堂」さんというラーメン屋が目に入り、昼飯時なので飛び込む。
飛び込んで大正解!最高のラーメンだった。
「琉球新麺 通堂」さんの詳細は、こちら
出発し、識名園に着く。途中、かなりのアップダウンがあり、沖縄の今後に不安を覚える。那覇市内だけなら良いのだが。
識名園は、琉球王家の別邸で、貴賓客への接待などに使われた様。素敵な庭園がある(写真)。
識名園は世界遺産で、「琉球王国グスク及び関連遺産群」の中の1つ。この世界遺産の群の仲間に、玉陵、首里城があり、近いので向かう。それぞれ、強烈な坂に悩まされる。
玉陵は、王家のお墓(写真)、そして有名な首里城(写真)。首里城は、火災後の復旧中で、肝心なお城が見られなくて、残念。とはいえ、さすが、王家のお城。高台で四方を見渡せるところにあり、那覇の街が一望できる(写真)。
識名園と首里城が、敷地内が広く、結構歩いたので、本日の宿の到着は、結局、17時前になる。
夕飯は、沖縄県民が、こよなく愛するという、ステーキを食べに行く。宿の近くの「ジャッキー ステーキハウス」という店に来てみると、行列。15分ほど待ち、店内へ。「テンダロインステーキのセット」とタコスを頼む。大満足。
やはり、アメリカの文化が根付いているのと、ファミレス並みのステーキの安さで、愛されているのだろう。
さあ、明日から、沖縄一周だ。天気予報が、火曜日以降、ずっと雨になってしまったのに、気を病んでいる。沖縄もまだ梅雨明けしていない様だ。。

●5/30 今帰仁城跡
本日、自転車日本一周第4クール15日目(全体の78日目)。 本日は、午後から雨の予報で、距離も長いので、6時過ぎに出発。重たい雲が一面。 先ずはすぐ近くの波上宮に寄って、お参り(写真)。 出発し、残波岬灯台に向かう。那覇市街を出るまでは、車線が数車線あっても、自転車が走る幅は狭く、歩道も細く、車の量は多く、正直、どこを走って良いかわからない。市街さえ抜けてしまえば、海岸線の平坦な気持ち良い道が続く。 残波岬灯台に着く(写真)。次いで座喜味城跡(写真)。 9時半を過ぎた頃から、たまに日が差す。日が差すとさすがに暑い。 真栄田岬(写真)に着くと、さすが南国、近くにビーチがあるのだろう、水着の人がちらほら。ビキニの方も。 俄然、やる気が出て、出発。11時頃から晴天となる。暑い! 万座毛に着く。万座毛は、入場料を採られるが、素敵な岬で、寄るべき。晴れたこともあって、沖縄の素敵な海が見られる(写真)。 昼飯は、万座毛の観光施設内にある「琉球料理 松ノ下」さんで「軟骨ソーキそば」を食べる。 だいぶ昔に東京でソーキそばを食べたことがあるが、あっさりしすぎて、具も乏しく、美味くなかった記憶がある。それ以来、敬遠していたが、本日食べたソーキそばは、軟骨が豚の角煮の様な大きさで、トロトロに煮込んであり、凄く美味い。そしてスープもあっさりしているが出汁が効いており、ベトナムのフォーの様。総じて凄く美味かった。 出発し、海中展望塔に寄るも、自転車を降りた後、シャトルバスに乗らないと行けないと聞き、パス。 瀬底島に橋で渡り、瀬底ビーチに行く。ここは、横にヒルトンホテルがあり、そのプライベートビーチの様な感じ。ビーチに自転車で入ろうとするも、そこは外人のビキニの女性がいたりするリゾート地なので、速攻で退散。 その後、沖縄美ら海水族館に来るも、入る意欲が湧かずパス。備瀬のフクギ並木という観光地に来るも、心動かず。 今帰仁城跡に来る。これは世界遺産でもあるので、じっくり回る(写真)。 本日のキャンプ場に17時前に着く。テントを張り、のんびりしていると、また厚い雲が出てきて、今にでも降りそう。この後、天気予報は、明日から7日間、降水確率70%以上が続く。明日、出発するのか、やめて停滞するとして、いつまでするか。明日起きて状況を見て判断しよう。救いは、暑いこと。寒くて雨が降ったら、何もできないが、暑いなら濡れても良い。かも。

▼識名園。

識名園。

▼玉陵にて。

玉陵にて。

▼首里城の守礼門にて。

首里城の守礼門にて。

▼今帰仁城跡にて。

今帰仁城跡にて。