ヤッホー隊長の
世界遺産めぐり

現在23件中13件
訪問済み

ヤッホー隊長の
百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!



ヤッホー隊長の
らーめん食べ歩きメモ

500店舗以上、900種類以上のらーめんを食べています



ヤッホー隊長の
お遍路の旅

2020年4月18日
四国88箇所1167kmを歩いて37日間で完了!







白神山地~夫婦で白神山地を堪能~

●9月6日 世界遺産の径 ブナ林散策道 & 暗門渓谷ルート
アクアグリーンビレッジANMON~世界遺産の径 ブナ林散策道~第三の滝~第二の滝~第三の滝~暗門渓谷ルート~アクアグリーンビレッジANMON

●9月6日 ぶな巨木ふれあいの径
津軽峠駐車場~マザーツリー~津軽峠駐車場

●9月6日 くろくまの滝
駐車場~くろくまの滝~駐車場

●9月7日 十二湖散策
森の物産館キョロロ~鶏頭場の池~青池~沸壺の池~十二湖庵~落口の池~がま池~森の物産館キョロロ

●9月7日 白神の森遊山道
A:くろもり館~B~C:東屋~D~A:くろもり館

9/5 まずは、新幹線で青森に入る。その日は、青森駅前のビジネスホテルに泊まる。夕飯まで時間があったので、青森港などを散歩した後、近くの寿司屋(朝市寿司さん)で、帆立と大間のマグロを堪能する。でも、つぶ貝が一番美味かった。
9/6 青森駅前でレンタカーを借り、白神山地に向かう。まずは白神山地の入り口にある「白神山地ビジターセンター」にて散策用の地図をかき集め、2日間でどこを巡るか目途を立てる。
アクアグリーンビレッジANMON」で昼食を食べ、散策開始。「世界遺産の径 ブナ林散策道」を歩き、ブナ林を堪能した後(とはいえ、いつもの登山道とあまり変わらない)、暗門の滝(第二、第三の滝)を見る。滝はやはり変化があって楽しい。第一の滝は、道の問題で進入禁止で見られなかった。
車で津軽峠まで移動し、ブナのマザーツリーを見る。昨年(2018年)の台風で上半分が折れてしまったとのこと。400年生きているブナということだが、屋久島の縄文杉の様に象徴的な巨大感はなく、あまり感動は無い。
更に車で移動し、くろくまの滝に行く。この滝は高さが80mあり、なかなか見事。
くろくまの滝からは、車で鰺ヶ沢町を経由し、十二湖に近いウェスパ椿山で泊まる。ウェスパ椿山は、地方創生の援助金で作ったようなバブリーな施設で、広大な敷地にコテージや風呂、食堂が並んでいる。特に風呂は素晴らしかった。
9/7 車で十二湖まで行き、「森の物産館キョロロ」の駐車場に車を停め、十二湖を散策する。途中有名な青池があり、その青さは見事だったが、あまりに青すぎて人工的に見えてしまい、大きな感動はなかった。それよりも隣の沸壺の池は幻想的で、こちらの方が感動した。
十二湖から車で鰺ヶ沢町を経由し、白神の森遊山道の入り口「くろもり館」に来る。くろもり館にて途中買ってきた弁当を食べ、白神の森遊山道の散策をおこなう。いただいた地図通りにABCDAと周る。途中、聴診器があり、ブナの木の音を聞く。正直、何も聞こえなかった。戻ってから、くろもり館の受付の人に聞いたところ、「雨の日や風の日は、それなりに音がするんですけどね。」と言われる。ならば、案内にそう書いてほしい。その他は、よく整備されたブナの原生林を行く散策路。気持ちの良い散策ではあったが、もう少し変化が欲しいところ。
白神の森遊山道を終えて、2日間の白神山地散策を終える。充分に白神山地を堪能した。
白神の森遊山道を車で出発し、弘前を経由し、青荷温泉のランプの宿に泊まる。ここは、風呂も素晴らしいし、食事も良い。また、電気やスマホの電波も入らないので、完全に実世界から隔離され、心のリフレッシュに良い。風呂は4つと言いながら実際は6個くらいあり(1つの場所に2つあったりする)、1泊では入りきれないくらい。本当に素晴らしい宿だった。
9/8 朝、青荷温泉を出発し、青森駅でレンタカーを返す。新幹線まで時間があったので、3日前に散策した青森港でグルメフェスの開催準備でたくさんの全国のグルメが出店するようだったので行ってみる。案の定、凄い人だかりで、出店も50店は超えていたと思う。私も串(焼き豚、鳥皮)とビールを楽しむ。もっと普段食べられないものを食べれば良かった。。。
そして新幹線で家路に着く。素晴らしい旅だった。

▼白神山地入り口

白神山地入り口

▼ブナの木 マザーツリー

ブナの木 マザーツリー

▼十二湖 青の池

十二湖 青の池

▼十二湖 沸壺の池

十二湖 沸壺の池