ヤッホー隊長の
自転車日本一周の旅

第1クール:八千代市(千葉県)の自宅~(太平洋岸を)~青森
第2クール:函館~(北海道一周)~函館~青森~秋田
第3クール:秋田~小倉
第4クール:小倉~鹿児島~種子島・沖縄・奄美大島一周




ヤッホー隊長の
百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!




ヤッホー隊長の
らーめん食べ歩きメモ

700店舗以上、1000種類以上のらーめんを食べています




ヤッホー隊長の
世界遺産めぐり

現在25件中17件
訪問済み




ヤッホー隊長の
お遍路の旅

2020年4月18日
四国88箇所1167kmを歩いて37日間で完了!




第3クール   秋田駅~小倉駅

秋田駅 = (日本海側を途中、佐渡島、隠岐の島に寄りながら) = 小倉駅

●総距離:2,263km

●総時間:120時間38分(23日間)

第3クール:秋田駅~小倉駅

第3クール:秋田駅~小倉駅

第3クールは、新幹線で大曲の次男のヤスの家に行き、そこから秋田駅まで車で送ってもらい、スタート。
福井では、甥っ子のまーくんと1日だけ一緒に走った。
また、境港では、門脇くんが出迎えてくれるというハプニングもあった。
実は、山口県では、私が山口県に入る1週間前に、長男のクニが遅い夏休みで遊びに来ており、あと1週間早ければ、遠い地で息子との再会ができたのにと、残念に思う。

今回は、まさに「日本海沿岸の旅」といった感じで、23日間、朝から晩まで日本海を眺め続けた。
道は、秋田から富山までは比較的平坦で、スイスイ進んだ印象。能登半島あたりからアップダウンが増え始め、福井の東尋坊あたりから、京都、兵庫まで本格的なリアス式となり、アップダウンでかなり苦しめられた。鳥取、島根、山口もそれなりにリアス式で、国道を逸れると、それなりのアップダウンが待っている。
今回、佐渡島と隠岐の島の2つの島に渡り、島内を巡ったが、特に隠岐の島は、そのままの自然と、田畑・牧場・町が融合して自転車乗りにとって最高の島だった。天気が良かったこともあるが、海が本当に綺麗だった(写真)。今回、天気の問題で、島を半周しかできなかったが、もし機会があったら、行っていない島の左半分も走ってみたい。

他に今回、良かった景色を上げるとしたら、一番は、角島(写真)。さすが、メディアでもかなり取り上げられているので、本当に素敵。また、橋から角島を縦断し、角島灯台までの道は、自転車乗りにとって天国のような道。自動車でスルッと通り過ぎては味わえない爽快な道。
あと、境港から松江市街まで、土砂降りの中を走っている途中に見た虹(写真)。こんな素敵な虹を見たのは、何十年ぶりか。

第3クールでは、自転車のちょっとしたトラブルがあった。
1つは、ギアチェンジのワイヤーが切れかけたこと。ワイヤーは、10本ほどの細い針金が束ねられてできているが、それが残り2本だけで持ちこたえている感じ。恐らく緩んでいるのだろう。一番軽い段には入らない。佐渡島でこの状態に気が付き、佐渡島では直せる店が無いので、結局、柏崎市で直した。この時に、他にも、チェーンやクランクなどの問題を指摘される。なので、この後、自転車が持ちこたえてくれるよう、祈るような気持だった。
もう1つ。リアバックの左右のバックを繋ぐ2本のベルトが、2本とも根本の縫製部分から外れてしまった。このベルトは、左右のバックを繋ぐ役割の他、自転車の荷台に固定する役割を担っている。1本は、松江市街のホテルでこのベルトを持って運んでいるときに外れ、その後、1本だけでなんとか走っていたが、残りの1本も島根の田舎道で走行中に外れ、右のバックが道路に落ちて転がってしまった。右のバックで良かったが、左のバックだったら、パソコンや、嫁さんへのお土産の輪島塗の箸が入っていた。
今回、家に帰ったら、自転車(クニユキ号)を、自転車屋に預けて、総点検してもらおうと思う。そしてリアバックは、自分で修理するか、買い直すか考えたい。今のリアバックは、60日以上使っているので、サイズ感が慣れている。
さあ、次は、第4クール、九州一周だ。沖縄をどうするかで迷っている。鹿児島からフェリーで14,000円・28時間、飛行機で12,000円・1時間半、成田から格安航空で7,000円・2時間半。この数字を見ると、沖縄は第4クールから外して、別途、成田空港から沖縄単独で行った方が良さそう。まあ、第4クールの出発は、多分、来年の5月。これからゆっくり考えよう。

▼隠岐の島の白島崎展望台から見た岬と海。

隠岐の島の白島崎展望台から見た岬と海。

▼角島大橋

角島大橋

▼境港から松江市街までの途中、中海方面に虹が!

境港から松江市街までの途中、中海方面に虹が!