ヤッホー隊長の
自転車日本一周の旅

第1クール:八千代市(千葉県)の自宅~(太平洋岸を)~青森
第2クール:函館~(北海道一周)~函館~青森~秋田
第3クール:秋田~小倉
第4クール:小倉~鹿児島~種子島・沖縄・奄美大島一周




ヤッホー隊長の
百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!




ヤッホー隊長の
らーめん食べ歩きメモ

700店舗以上、1000種類以上のらーめんを食べています




ヤッホー隊長の
世界遺産めぐり

現在25件中17件
訪問済み




ヤッホー隊長の
お遍路の旅

2020年4月18日
四国88箇所1167kmを歩いて37日間で完了!




56日目   2021-10-19   京丹後のキャンプ場からこの旅最悪の苦難を乗り越え新温泉町の宿へ

第3クール・16日目

高嶋海水浴場&オートキャンプ場=30km(1:46)=夕日ヶ浦=21km(1:07)=城崎マリンワールド=60km(3:15)=民宿つるだ

●距離:111.0km

●時間:06時間28分

京丹後のキャンプ場からこの旅最悪の苦難を乗り越え新温泉町の宿へ

本日、自転車日本一周第3クール16日目(全体の56日目)。
福井から続くリアス式海岸は、いよいよ大変になり、昨晩は前日のアップダウンによる過度の体力疲労で、よく寝られなかった。足がつりそうになったり、重くてジンジンする感じ。
それでも朝6時前に起き、7時半前に出発。今日は、雲は少々あるも、まあ晴れ。しかしながら、15時くらいから雨の予報のため、元の予定から多少ショートカットし、100kmくらいの道のりを15時過ぎに宿に飛び込む予定。今日もアップダウンは相当ある。東北の三陸海岸のときに書いたが、「リアス式海岸は、リアス式の数だけアップダウンがある。」これは私が、経験から作った名言だ。ちなみに福井県から京都、兵庫へと続くリアス式海岸も日本で有数のリアス式だろう。あと怖いのが、佐賀・長崎・熊本の九州のリアス式。
出発し、今日もアップダウンが酷い。リアス式海岸に沿って走るだけでもアップダウンが多いのに、ちょっと内陸に入ると七竜峠という峠を越えたり、大きな町と町の間には必ず峠がある感じ。もの凄い疲れるし、最後の方では、上り坂が見えると「も~、勘弁してくれ~!」と、大声で叫んでいた。もちろん、人は居ない。もはや、修行を超えて、地獄に近い。アップダウンの無間地獄だ。
それでもたまに、リゾート地の様な夕日ヶ浦(写真)に寄ったり、湖の様な久美浜湾(写真)を周回したり、たまにほっこりする。
この旅、15県目の兵庫県に入る(写真)。
相変わらず激しく続くアップダウンの中、城崎マリンワールドに着き、記念撮影(写真)。本当は、「城崎にて」の舞台の城崎温泉に行ってみたかったのだが、ちょっと行きかけて内陸にだいぶ入りそうだったので、やめる。今日は15時過ぎに宿に入りたい。
また激しいアップダウンの中、香住の町でやっとラーメン屋「白龍」さんを見つけ、入る。ここの「かにみそ坦々麺」(写真)は、ここでしか食べられない最高の逸品。こんなところに来る人は居ないだろうが、居たら絶対に食べて欲しい。
「白龍」さんの詳細は、こちら
「白龍」さんを出て、今日の宿に向かう。宿まではあと20㎞強。1時間強だ。予定していた15時過ぎにちょうどくらい。
暫く進むと、パトカーに呼び止められ、この先、通行止めとのこと。がけ崩れで道も落ちてしまい、自転車も通れない、とのこと。あまりの惨さにお巡りさんに何度も「本当ですか!?」と尋ねてしまう。別にお巡りさんは悪くないのだが、ここまでくると地獄へ導く勧告者の様だ。お巡りさん曰く、「内陸部に向かうルートは遠回りになりますが、お薦めです。海岸線ルートは、アップダウンが激しく、落石も多く、たぶん自転車を引いて歩くことになりますよ。」とのこと。
元々20km強で行けた道が通行止めで、内陸ルートだと40,50kmくらいだろう。海岸ルートは30㎞強。実は元々この海岸ルートを行く予定が「ザ・リアス式」ルートで観光地も無いので、通行止めのルートに変更していた。なので、海岸ルートをとる。
やはりアップダウンが激しい。第2クールの北海道では「知床峠」などの峠でも一度も自転車を引くことは無かったが、今回は無理。何度か引いた。そして、ほとんどの道程でスマホが圏外でGoogleMapが機能しない。
余部埼灯台で、記念撮影(写真)。今の気持ちを表して、TTポーズを採ったが分からない。最悪。
更には、水を切らしてしまい、どれほど喘いで上って喉がカラカラになっても水が無い。正に無間地獄だ。水は幸いにも、もはや限界まで来た時、「不老の水」と看板がある湧き水があって、がぶ飲みする。
そして、更に無間地獄は続き、15時半頃、強い雨が降ってくる。通行止めが無かったら、もう宿に着いている時間だ。
16時半前、やっと街が見えてアップダウンが終わり、17時前に宿に着く。実は私はあまり雨に濡れなかったが、この街は、相当降ったのだろう。水溜まりだらけ。
今日は宿なので、ゆっくり寝よう。本当に疲れた。この旅、一番の惨さで相当参った。
明日は、雨の予報。何時に止むかで、方針は変わる。もし、朝から止んでいたら、鳥取砂丘を越えて境港まで行く予定。ちなみにこうして書いている間も、外は土砂降り。雷も鳴っている。

▼リゾート地の様な夕日ヶ浦。

リゾート地の様な夕日ヶ浦。

▼湖の様な久美浜湾。

湖の様な久美浜湾。

▼この旅、15県目の兵庫県。

この旅、15県目の兵庫県。

▼城崎にて。

城崎にて。

▼「白龍」さんの「かにみそ坦々麺」。

「白龍」さんの「かにみそ坦々麺」。

▼余部埼灯台にて。

余部埼灯台にて。