ヤッホー隊長の
世界遺産めぐり

現在23件中13件
訪問済み

ヤッホー隊長の
百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!



ヤッホー隊長の
らーめん食べ歩きメモ

500店舗以上、900種類以上のらーめんを食べています



ヤッホー隊長の
お遍路の旅

2020年4月18日
四国88箇所1167kmを歩いて37日間で完了!







ニュージーランド~留学した息子を迎えに~

●11/12-13 ダニーデン市内観光
ダニーデン駅・オタゴ大学・ビーチ・植物園
●11/14 Te Anau
土ボタル洞窟ツアー・宿(貸別荘風のコテージ)が素晴らしかった。
●11/15 Milford Sound ★世界遺産★
ミルフォードサウンドをクルーズ。素晴らしい景観!夜は再びTe Anauの宿に泊まる。
●11/16 Te Anau ~ Queenstown ~ Twizel
クイーンズタウンは、湖畔の素敵な街。ランチを食べたり、アウトレットで買い物をしたり。
●11/17 Mt Cook ★世界遺産★ ~ Tekapo
Mt Cook ハイク(Hooker湖まで)~ Tekapo湖
●11/18 「善き羊飼いの教会」~クライストチャーチ
●11/19-20 クライストチャーチ~オークランド~成田

息子(長男)がニュージーランドのダニーデンにあるオタゴ大学に交換留学で来ていて、1年間の課程を終えたので迎えに来る。
成田からオークランドへ飛び、オークランドからダニーデンへ国内線で行く。ダニーデン空港には息子が迎えに来てくれた。1年ぶりに会った息子には、髭が生えていた。
ダニーデンでは、息子が通っていたオタゴ大学を見学したり、駅に行ったり、植物園に行ったり、大学の友達と中華を食べたりした。息子の下宿先で息子の友達と会ったり、貴重な時間だった。
11/14 2日間ダニーデンを堪能した後、いよいよNZの観光に出発。レンタカーで、基本的には息子の運転で始まる。NZは、これはなかなかスピードの車社会。まず、普通の道を100kmで走る。私も国際免許を持ってきたが、このときは息子にほぼ任せたので、日本では見なかった息子の運転に驚く。「速い!」
テ・アナウ湖は、山に囲まれた湖で素晴らしい景色。ここをクルーズし、そして幻想的な土ボタル洞窟ツアー。
ダニーデンを出て初日の宿は、日本でいえば貸別荘。草原の丘の上にコテージが1件建っており、我々家族の貸し切り。少し離れた大家さんの家には大きな犬が居て、たまに私たちの方にも訪ねてくる。ここでBBQをおこない、夜は星が綺麗で南十字星などもよく見えた。
11/15 ミルフォードサウンドに向かう。途中、きれいなお花畑や池など、見どころはたくさんある。ミルフォードサウンドでは、クルーズを楽しむ。世界自然遺産のフィヨルドの湾や、その断崖に落ちる滝など、素晴らしい景観だった。クルーズの後は、ミルフォードサウンドを見下ろせる小高い山までハイクする。目的地を過ぎて道なきところ行ってしまい、家族にちょっと迷惑をかける。この日は再びテ・アナウに戻り、前日の宿に泊まる。
11/16 テ・アナウからクイーンズタウンに行き、ここで昼飯を食べる。タイ料理屋に入り、ここで食べたトムヤンクン・ヌードルが美味しかった。また、アウトレットがあり、買い物などをする。クイーンズタウンは、ワカティブ湖沿いにあるとても綺麗な街(※写真)。夜は、ツバイゼルに泊まる。ここの宿(コテージ)も良かった。
11/17 遂に今回私の最大目的のマウントクックへ。ツバイゼルを車で出発しHooker Valley Trackのベース基地に着く。

晴天に恵まれ、気持ち良いトレッキングとなる。左にMueller湖を臨みながら第一の吊り橋を渡る。久しぶりの登山のためか、この吊り橋の高度感で怖い(帰りは怖くなかったので、やはり慣れだと思う)。右側の山を巻き、第二の吊り橋の近くまで来るとMtクックが見えてくる。ただ、まだ頂上付近に雲が被っており、全貌が見えない。我々もあれがMtクックだろうと思いながら確信が持てない。
Stocking Stream Day Shelterを過ぎたころから頂上が見えてくる。残雪で山全体で人の顔の様な感じを表現している。勇壮だが可愛らしい。
第三の吊り橋を越えるとすぐにHooker湖で、今回の目的地。湖越しにMtクックが素晴らしい。

いつか頂上まで行きたいと思うが、この雪量では本格的な登山になる。日本でいうと5月の中旬になるが、これが夏になればどれだけ雪が解けてくれるのだろう。

帰りは来た道を帰るだけ。途中、クニの留学中の友達に会うなど楽しいハプニングなどもあり、今回の気持ち良いハイキングが終わる。3時間ほどの行程。

マウントクックの後は、テカポへ。テカポ湖を観光した後、テカポ湖沿いの温泉に行く。日本の温泉施設の様な、プールの様な感じだが、素敵な温泉。

11/18 テカポ湖沿いの「善き羊飼いの教会」を見学。この教会で結婚式を挙げている人もいた。中国人だが、さすがチャイナパワーだ。
その後、クライストチャーチに移動。息子とはここでお別れ。息子はもう暫くNZに残り、友達の家などを周るそう。息子の荷物を郵便で日本に送る手続きをし(もの凄い切手の量だった)、我々は飛行機に向かう。息子とエスカレーター前で別れたが、嫁さんが涙ぐんでいた。母親の感情は測り知れない。
クライストチャーチからオークランドに飛んで、空港近くのホテルに泊まる。空港で夕飯を食い、ホテルに入るも、アルコールを買う場所がどこにもなかったので、ホテルで落ち着いてからフロントに内線で頼む。どうにか通じてホッと胸をなでおろす。

クニは、NZから帰国後、再び夏休み、春休み(卒業旅行)とNZに行っている。我々はクニの卒業前にNZに行って良かった。確かに何回も行く意味のある素晴らしい観光と大らかな人の国だ。クニはこれからも何度も行くと思うので、我々も1回くらい付いていきたい。

▼ミルフォードサウンドで船上から滝を望む

ミルフォードサウンドで船上から滝を望む

▼Hooker湖からMt Cookを望む

Hooker湖からMt Cookを望む

▼クイーンズタウンの街からワカティブ湖を望む

クイーンズタウンの街からワカティブ湖を望む

▼テカポ湖沿いの「善き羊飼いの教会」

テカポ湖沿いの「善き羊飼いの教会」