ヤッホー隊長の
自転車日本一周の旅

第1クール:八千代市(千葉県)の自宅~(太平洋岸を)~青森
第2クール:函館~(北海道一周)~函館~青森~秋田
第3クール:秋田~小倉
第4クール:小倉~鹿児島~種子島・沖縄・奄美大島一周




ヤッホー隊長の
百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!




ヤッホー隊長の
らーめん食べ歩きメモ

700店舗以上、1000種類以上のらーめんを食べています




ヤッホー隊長の
世界遺産めぐり

現在25件中17件
訪問済み




ヤッホー隊長の
お遍路の旅

2020年4月18日
四国88箇所1167kmを歩いて37日間で完了!




75日目   2022-05-27   第4クール12日目。種子島東側のキャンプ場から種子島南側の宿へ。

第4クール・12日目

ブルーオーシャン種子島=12km(0:43)=馬立の岩屋=22km(1:20)=千座の岩屋=9km(0:30)=ロケットの丘展望所 =3km(0:07)=種子島宇宙センター 宇宙科学技術館=11km(0:40)=門倉岬=31km(2:09)=種子島民宿はぴすま

●距離:59.0km

●時間:03時間29分

第4クール12日目。種子島東側のキャンプ場から種子島南側の宿へ。

本日、自転車日本一周第4クール12日目(全体の75日目)。
雲はあるも、天気は良い。
本日は、距離も少なく(58km)、宿泊で15時チェックインなので、急ぐ必要がない。しかも1泊2食付きだ。途中にコンビニが1件も無いので、夕飯・朝食を買い出せない。
元々、本日1日で110kmを走破し、14時のフェリーで本土に戻ろうと思っていたが、忙しいのと、急ぐ必要が無いのと、奇跡的に今日と明日は種子島は晴れなので、種子島をゆっくり堪能することにした。ちなみに種子島は、明後日から一週間以上、雨が続く。梅雨入りかも。
7時に目が覚め、ゆっくり支度をし、テントなども乾かし、9時前に出発。
まずは、「馬立の岩屋」を目指す。種子島は結構アップダウンがあると思っていたが、本日は昨日以上にある。結果として、行程を2分割して正解だったと思う。
「馬立の岩屋」には、最後、県道を逸れて1.2kmほどの下り。しかも半端ない下り。ブレーキが効かないほど。帰りはこれを上らなくてはならない。
「馬立の岩屋」に着く(写真)。こういう風景は、この旅の性格上、たくさん見ており、あまり感動は無い。
続いて「千座の岩屋」を目指す。名前からして同じ予感しかない。
途中から昼食を探すも、結構諦めている。ネットなどで調べても、ロケットセンターでの宇宙食体験くらい。地上で食べる宇宙食ほど侘しいものはない(と思う)。
途中、「種子島の恵みいっぱいジェラート」さんを見つけ、食事もできるか聞いてみる。ピザがあったので食べる。おしゃれな店で、久しぶりのピザを美味しくいただく。(結果として、食事ができるところは本日はここだけだった。)
出発してすぐに「千座の岩屋」に着く(写真)。想像通り。
出発し、「ロケットの丘展望所」に着く(写真)。実際にロケットが発射されるところを見たら、どんなに素敵だろうと思う。多分、一般人は、ここら辺から見るのだろう。
そして「種子島宇宙センター 宇宙科学技術館」に着く。ここには、実際の衛星が飾られていたり、日本のロケットの歴史が視聴できるのだが、ロケット発射の映像が2種類視聴でき、これが良い。1つは縦長の巨大なスクリーンで、実際に発射を見ている感じにさせてくれる。発射の時にスモークまで炊いてくれる。そしてもう1つは映画館の様なところで、音響も実際の発射音に近く表現してくれる。
次は、門倉岬(写真)。ここは「鉄砲伝来の地」で、すぐ近くの浜にポルトガル人が上陸した。
出発し、暫く行くと屋久島が見えてくる。屋久島は、13年前に家族で行った熱く楽しい思い出がある。
屋久島の思い出は、こちら

15時半に本日の宿「種子島民宿はぴすま」さんに着く。ここは民宿というよりは、ペンションに近い。夕飯もこんな感じ(写真)。豚のソテー、飛び魚とマグロのカルパッチョなど。美味しかった。
私は、基本的に宿に泊まるときは素泊りだが、理由は、民宿の食事が過剰だから。一人なのにお櫃にご飯が出てきて、これでもか!というくらい小皿が出てくる。家族旅行なら大歓迎だが、一人旅では過剰でしかない。
というわけで、ここは、おしゃれで、ほど良く、美味しく、大満足。これで1泊2食で8500円だ。
明日は、西之表港まで西海岸を北上し、フェリーに乗って、鹿児島港まで戻る予定。その後、交通機関で鹿児島空港近くの宿まで移動する。
明後日から、ついに沖縄!ちむどんどんする。

▼馬立の岩屋にて。

馬立の岩屋にて。

▼千座の岩屋にて。

千座の岩屋にて。

▼ロケットの丘展望所にて。

ロケットの丘展望所にて。

▼門倉岬にて。

門倉岬にて。

▼屋久島を望む。

屋久島を望む。

▼「種子島民宿はぴすま」さんの夕食。

「種子島民宿はぴすま」さんの夕食。