ヤッホー隊長の
自転車日本一周の旅

第1クール:八千代市(千葉県)の自宅~(太平洋岸を)~青森
第2クール:函館~(北海道一周)~函館~青森~秋田
第3クール:秋田~小倉
第4クール:小倉~鹿児島~種子島・沖縄・奄美大島一周




ヤッホー隊長の
百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!




ヤッホー隊長の
らーめん食べ歩きメモ

700店舗以上、1000種類以上のらーめんを食べています




ヤッホー隊長の
世界遺産めぐり

現在25件中17件
訪問済み




ヤッホー隊長の
お遍路の旅

2020年4月18日
四国88箇所1167kmを歩いて37日間で完了!




28日目   2021-07-05   根室の宿から霧多布岬を経て、厚岸の宿へ

第2クール・15日目

ゲストハウス トマヤ=23km(1:12)=落石岬=57km(2:59)=霧多布岬=40km(1:54)=鈴木旅館

●距離:120.0km

●時間:06時間05分

根室の宿から霧多布岬を経て、厚岸の宿へ

本日、自転車日本一周第2クール15日目(全体の28日目)。
7時過ぎに宿を出発。昨日は、久しぶりの布団でゆっくり寝れた。が、本日は、午後から本格的な雨になりそうなので憂鬱。昨晩中に結構雨が降ったのだろう。道がしっかり濡れて、水たまりができている。朝靄と霧雨の中、落石岬を目指す。
霧雨は30分ほどで止み、出発から1時間ちょっとで落石岬に着く。あと1.4kmのところで車両侵入禁止となり、散策路が。そこに「灯台まで25分」とある。午後から雨なので、結構迷ったが、1.4kmなら10分で歩けると思い、歩き出す。散策路は、林に入ると木道に変わり、林を抜けると大きな湿原が現れる。その湿原に綿のような白い花が無数に咲いていた(写真)。湿原の先はまた林に変わり、その林を抜けると、可愛い灯台が(写真)。やはり、10分で行けたし、10分でこの景色を堪能できるなら充分。来てよかった。
落石岬を出発し、霧多布岬を目指す。雨はたまにパラつき、このまま強くなるかと怯えながら進むも、結果的に止んでくれる。それを繰り返し、また、落石=霧多布間のアップダウンの多さに喘ぎながら、ようやく霧多布岬に着く。
霧多布岬は、素敵な岬で、「花の岬」という感じ(写真)。緑の多い岬だが、緑のところには、無数の花が咲き乱れている。天気が良かったら相当奇麗な景色が見れたと思う。散策路があり、これまた可愛らしい灯台に着く。そしてその先に岬が(写真)。本当に岬らしい岬。
ちなみに、この岬にはラッコが居て、おじさんに「あれ、ラッコだよ。」と呼び止められる。断崖の下なのでよくわからないが、おじさんは巨大レンズのカメラを持っていて、それで写した写真を見たら、間違いなくラッコだった。私のカメラでも望遠で写したが、たぶんラッコだよね、くらいの写り具合。ラッコは、アラスカかカナダしかいないものだと思っていたが、北海道のレベルは凄い。(外来種ってオチは無いよな。どこかの動物園から逃げ出したとか。)
さて、ここから今日の厚岸町の宿まで40kmを飛ばす。ここまでまだ本格的な雨に降られていないので、どうにかこのまま宿に着きたい。
雨は、ポツポツ降ったり、止んだりを繰り返しているが、宿まであと20㎞というところで、本格的に降り出す。登山用の完全雨対策はしているので問題は無いが、実は、この日本一周で初めての本格的な雨。
雨は、宿まであと10kmのところで止む。30分間程度の雨。霧多布から厚岸までは雨もそうだが、アップダウンも多く、結構体力を使ったが、雨から逃げるパワーで2時間もかからず宿に到着。
宿に着いたら濡れた衣服を洗濯し、冷えた身体を風呂と酒で温め、完全回復。
さて、明日も雨の様だ。明日、今回の北海道の中でもトップクラスに楽しみにしていた釧路湿原に行く予定だったが、雨の状況によっては、明日は行かないかもしれない。状況によっていくつかのバリエーションは計画した。
今も外は、雨の音が大きく響いている。どうか明日は、早朝から止んでください!

▼落石岬灯台の前に現れた湿原。

落石岬灯台の前に現れた湿原。

▼落石岬灯台。

落石岬灯台。

▼霧多布岬は、まさに花の岬。

霧多布岬は、まさに花の岬。

▼ 霧多布岬。


霧多布岬。