ヤッホー隊長の
自転車日本一周の旅

第1クール:八千代市(千葉県)の自宅~(太平洋岸を)~青森
第2クール:函館~(北海道一周)~函館~青森~秋田
第3クール:秋田~小倉
第4クール:小倉~鹿児島~種子島・沖縄・奄美大島一周




ヤッホー隊長の
百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!




ヤッホー隊長の
らーめん食べ歩きメモ

700店舗以上、1000種類以上のらーめんを食べています




ヤッホー隊長の
世界遺産めぐり

現在25件中17件
訪問済み




ヤッホー隊長の
お遍路の旅

2020年4月18日
四国88箇所1167kmを歩いて37日間で完了!




20日目   2021-06-27   天塩のキャンプ場からサロベツ原野を経て礼文島へ

第2クール・7日目

鏡沼海浜公園キャンプ場=71km(3:01)=ノシャップ岬=5.1km(0:15)=稚内フェリーターミナル==(フェリー)==香深港 フェリーターミナル=18.1km(0:48)=久種湖畔キャンプ場=7km(0:21)=スコトン岬=7km(0:20)=久種湖畔キャンプ場

●距離:108.2km

●時間:04時間45分

天塩のキャンプ場からサロベツ原野を経て礼文島へ

本日、自転車日本一周第2クール7日目(全体の20日目)。
今日は、朝から低い雲が厚く、肌寒い。
5時過ぎにシェラフを出て、準備をし、テントを片付けて、7時に出発。今日は、76km先の稚内フェリー乗り場まで、14:45に行けば良い。むしろ時間があまる。
出発して30分ほど行くと天塩川が見えてくる。石狩川もそうだったが、北海道の川は雄大。天塩川のはるか向こうに、これから行くサロベツ原野に整然と聳え立つ無数の風力発電が見える(写真)。北海道は、風力発電は多いが、この様に整然と一直線に並んでいるのは初めて。
サロベツ原野の入り口で、先程の風力発電が迎えてくれる(写真)。正に自然美と人工美の融合。
サロベツ原野も広大で原野の他には一本の道しかない。これが延々と続く。
サロベツ原野の左は海で、海が良く見えるところでは、本来なら利尻島が綺麗に見えるはず。今日は、雲が厚く低いため、島の裾野が、ちらりと見えるだけ。残念。
野寒布岬に着く(写真)。ここは12年前に利尻岳にヤッホー隊で登った帰りに立ち寄ったところ。懐かしい。
昼飯は、野寒布岬のすぐそばの「漁師の店」さんで、海鮮丼を食べた(写真)。うに丼は、美味くても毎日食べる気がしないが、海鮮丼は、毎日食べても良い。北海道の間は、ラーメンと海鮮丼のローテーションになるかもしれない。
さて、いよいよ、礼文行きのフェリーに乗り込む。この頃から雲が晴れて快晴になる。
沖に出ると、雲が低いところにあり、利尻は見えないため、船内で暫く寝るが、目が覚めて窓の外を見ると、利尻が見える。慌てて船外に出て写真を撮る(写真)。
17時前に礼文に着き、島を縦走し、キャンプ場へ。テントを張って、急ぎスコトン岬に走る。
スコトン岬で、できれば夕日を見ながら、ビールとツマミで暫く居ようと思い、急ぐ。
しかしながら、島の北端を西に進むにつれ、雲が出てきて、スコトン岬は、霧の中(写真)。
明日、朝のフェリーで稚内に戻り、次の大きな目的地、知床に向けてひた走る。がんばろう!

▼天塩川。はるか向こうに風力発電が並ぶ。

天塩川。はるか向こうに風力発電が並ぶ。

▼整然と一列に並んだ無数の風力発電。

整然と一列に並んだ無数の風力発電。

▼野寒布岬。

野寒布岬。

▼漁師の店さんの海鮮丼。

漁師の店さんの海鮮丼。

▼フェリーから見た利尻富士。

フェリーから見た利尻富士。

▼礼文島最北端スコトン岬。

礼文島最北端スコトン岬。