ヤッホー隊の活動記録

ヤッホー隊長(関 武徳)の百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!


ヤッホー隊長のらーめん食べ歩きメモ



ヤッホー隊員のHP
▼百名山いくつ登った?
ヤッホー隊員の百名山登頂記録(門脇作成ツール)
▼甘利の山写真
▼中條の山写真
マウンテンシティ
アウトドア&スポーツ ナチュラム

羊蹄山(後方羊蹄山) 山頂 2011年8月11日

喜茂別登山口~作業道分岐~標高1170m地点~羊蹄山(後方羊蹄山) ~標高1170m地点~作業道分岐 ~喜茂別登山口

2010年は、百名山、1つも更新できなかった。残りは北海道しか無く、なかなか進まない。

今年は、絶対行ってやろうと思い、飛行機を見ると、一人7万円以上する。家族で行こうと思っていたので、4人で28万円以上だ。

とりあえず青森~函館のフェリーを見てみると、車を積んで家族4人で片道2万5千円ほど。千葉~青森の高速代やガソリン代を入れても往復10万円ほどだ。

8/8(月)22時に出発。徹夜で運転し、青森8/9(火)10時発のフェリーに乗り、結局、洞爺湖のキャンプ場に着いたのが17時過ぎであった。翌日、羊蹄山に登ろうと計画したが、朝から雨のため中止。8/11(木)天気予報も問題なし。キャンプ場から羊蹄山登山口(喜茂別登山口)へ車で移動。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

登りはほとんど問題無し。高1でラグビー部のクニと、中1でバスケ部のヤスに対して、ほとんど運動をしていないやよいは、8合目くらいから遅れがちになる。結局、クニとヤスは我慢できなくなり、9合目くらいから先に行ってしまう。また、ここら辺から洞爺湖まで見渡せる雄大な景色を望むことができた。ただ、頂上に着く直前に雲の中に入り、何も見えない。

頂上は完全にガスの中だった。頂上に来れば、火口が見えたり、また、反対側のニセコ山が見えたりするはずで、楽しみにしてきたが、何も見えない。昼食をとったりして待つも晴れず。風も強く寒いので、結局、晴れないまま、記念撮影だけして下山する。

下りは、やよいが途中から足の親指の爪が痛いと、まともに歩けなくなる。私も聖岳で経験したが、私は痛いまま歩いて、左右の親指の爪が死んでしまった。結局、クニとヤスはまた先に行ってしまい、二人でゆっくり歩く。

無事登山口に帰るも、やよいは、もう二度と登ってくれないかもしれないと、一抹の不安。

百名山、残り7座。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この北海道遠征で良かった物

グリーンステイ洞爺湖キャンプ場:洞爺湖の畔にある広大なキャンプ場。芝がきれい。設備がきれい。パークゴルフ、楽しい。

ぐるぐるソーセージ:キャンプ場から紹介いただき、田所精肉店に肉を買いに行く。キャンプ場にも売っていたが、ぐるぐるソーセージを買って、バーベキューで焼いて食べると、旨い!何種類か味があり、我が家は皆、「行者にんにく入り」を食べたが、あまりに美味しかったので、翌日も迷うことなく皆「行者にんにく入り」を買い、食べた。

函館自由市場の「ほっけ」と「らどら」:青森から函館に渡ってすぐに、函館自由市場に寄り、キャンプ用に魚介類を買い込む。中でもほっけとらどらの一夜干は、肉厚で大きく、本当に美味しかった。

さかえ寿司(函館の寿司屋):北海道の最終日にここで食べる。私はここのつぶ貝が、何といっても旨かった。ちなみに、やよいは海老、クニはたこ、ヤスはかんぱちが、旨いと言っていた。

駒ケ岳:洞爺湖から函館に向かう間に見えた海越しの駒ケ岳は、素敵だった。機会があれば、登りたい!

▼8月11日 羊蹄山(後方羊蹄山) 山頂

8月11日 羊蹄山(後方羊蹄山) 山頂

▼8月12日 長万部辺りから駒ケ岳を望む

8月12日 長万部辺りから駒ケ岳を望む