ヤッホー隊の活動記録

ヤッホー隊長(関 武徳)の百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!


ヤッホー隊長のらーめん食べ歩きメモ



ヤッホー隊員のHP
▼百名山いくつ登った?
ヤッホー隊員の百名山登頂記録(門脇作成ツール)
▼甘利の山写真
▼中條の山写真
マウンテンシティ
アウトドア&スポーツ ナチュラム

唐松岳 山頂 2003年3月29日

黒菱平〜八方池山荘〜第二ケルン(上ノ樺でテン泊の予定が、強風のため引き返す)〜八方池山荘(泊) 〜第二ケルン 〜八方池〜丸山(村山さん体調不良のため引き返す。関は頂上へ。)〜唐松岳頂上山荘 〜唐松岳 〜唐松岳頂上山荘〜丸山〜八方池〜第二ケルン〜八方池山荘〜黒菱平

私にとって、初めての雪山。初日、スキー客で賑わうリフトに登山スタイルで乗り、黒菱平まで。ここから歩き、第二ケルンまで来る。この日、ここにテントを張る予定だったが、強風のため引き返し、八方池山荘に泊まる。スキー場の最上部でピッケル訓練などをする。

二日目、早朝から八方池山荘を出発。丸山近辺まで来たところで村山さんが体調不良を訴え、戻ると言う。私は雪山デビュー戦で単独はあり得ない気がしたが、行きたい気持ちを抑えられず、一人で頂上に向かう。頂上近くの尾根で雪屁を初めて見る。なるほど怖い。また、最後の頂上までの雪斜面のトラバースは本当に怖い。誰も居ないため、落ちても誰も助けてくれないなどと考えながら歩くと、益々怖さが増してくる。

頂上では五竜、鹿島槍、剣などが良く見える。ただ、雲が段々と上がって来ており、早く降りるべきだと慌てる。一人なので何しろ怖い。急いで三脚を立て、一人で記念写真を撮り、下山。再びトラバースなどし、危険な場所が終わったところで、「助かった〜!」と絶叫。八方池山荘に戻ると、村山さんの体調も回復しており、暖かく迎えてくれた。

百名山、座数変わらず。

▼3月29日 唐松岳 山頂

3月29日 唐松岳 山頂