ヤッホー隊の活動記録

ヤッホー隊長(関 武徳)の百名山登頂記録

2014年8月2日
百名山制覇!!


ヤッホー隊長のらーめん食べ歩きメモ



ヤッホー隊員のHP
▼百名山いくつ登った?
ヤッホー隊員の百名山登頂記録(門脇作成ツール)
▼甘利の山写真
▼中條の山写真
マウンテンシティ
アウトドア&スポーツ ナチュラム

トムラウシ山 山頂 2013年7月12日

トムラウシ短縮コース登山口~温泉コース分岐~カムイ天上分岐~コマドリ沢分岐~前トム平~南沼キャンプ指定地~トムラウシ山~南沼キャンプ指定地(泊)~トムラウシ山~南沼キャンプ指定地~前トム平~コマドリ沢分岐~カムイ天上分岐~温泉コース分岐~トムラウシ短縮コース登山口

自分は、帯広で前日、レンタカーを返したので、朝、帯広のホテルを出ると、中條さん、アタル(丸山)と待ち合わせの新得駅に電車で向かう。帯広駅に11時過ぎに着くも、13:05まで電車がない。ただ、待ち合わせが15時過ぎなので、あわてる必要は無い。帯広駅の中にある喫茶店で1時間半ほど過ごし、13:05の普通列車に乗る。これでも14時過ぎに新得駅に着き、ロータリーにあるお食事処に入る。お食事処では、生ビール2杯と枝豆で、2人が来るのを待つ。
3時半ごろ2人が到着し、予約していた新得温泉ホテルに向かう。実は、私が前日、トムラウシの登山口に近い宿を予約しまくったが、ここしか空いていなかった。ただ、ここは、我々3名に対して、1人1室を与えてくれ、登山前の我々にとって、最高の休息の宿となった。しかも、夕食は食べきれないほどの焼肉が出た。

宿をAM4時に出発し、登山口に6時頃に着く。登山口までの道は、結構悪路なので注意が必要。登山口の駐車場で準備をしていると、物凄い量の虫(蚊、虻、蚋など)に襲われる。私は蚋に襲われて、この日は、刺された左手がプックリ腫上がっていた。

頂上に向けて出発。最初はなだらかな道だが、暫くすると雪解けでぬかるんだ山道となる。また、結構早いうちに雪の上を歩くこととなる。大きな雪渓を抜けて、暫く行くと、前トム平となる。この前からやっと、トムラウシの頂上が見え始める。また、十勝岳も綺麗に見える。ここを抜けて、ガレ場を登り降りし、行くと、トムラウシ公園に入る。ここは、岩、雪、、草花、空、それぞれの色を重ねたまさに楽園だ。
テン場に着き、テントを張り、頂上に向かう。頂上からは、十勝、旭日岳などが見えるも、雲が上がってきて、旭日岳は完全には見えない。
寒いので、慌てて帰るも、途中雨が降ってくる。慌ててテントに入り、晴れ間を見ながら、夕食を食べ、寝る。ちなみに、この日は、大変恐ろしい夢を見て、うなされた。おきてみると、風が強いためにテントがバサバサ私の頭たたいていたからなのだが、人生で一番怖い夢だった。詳細を書くと怖いので省く。
朝、3時半に起きてみるとガスっていて、何も見えない。あきらめて寝るが、4時過ぎにふと目を覚ますと、テントから見た視界が明るい。外に首を出すと全くの快晴。これは行くしかないので、中條さんを起こし、頂上に向かう。ちなみに爆睡しているアタルは置いていく。
頂上に向かう途中で、外人の女性と会う。中條さんが英語ができるので、話しをすると、彼女は(スエーデンかスイスの人で)日本は初めてで、6週間かけて「ママチャリ」で北海道の山を廻っているようだ。「ママチャリ」は、彼女が唯一話せた日本語だが、おそらく本国から持ってきた折り畳み自転車を、日本の人が「ママチャリみたい」と言ったのだろう。層雲峡に自転車を置き、旭日岳~トムラウシ~十勝岳と縦走し、その後、交通機関で層雲峡まで戻り、自転車で旅を続けるという。山を歩き、下は自転車で移動する彼女の偉大さに感服する。
頂上は素晴らしい景観だ。旭日岳、十勝岳と全てがきれいに見えた。ただ、太陽は既に高く上がっており、朝日は見ることができなかった。
朝食を食べ、テントを片付け、下山を開始する。下山しながらこのテン場周辺(トムラウシ公園)の景色を見て、景観の素晴らしさに感動する。私が登った山の中でもこの素晴らしい景観は、5本の指に入ると思う。
降りの途中で、アタルが足をくじき、遅れ気味になるも、無事下山。
トムラウシは、最高の山であった。

百名山 98座登頂完了 残り2座!


下山後は、登山口に一番近い国民宿舎 東大雪荘で、温泉に入る。ここは、こんな山奥にある割には、建物は立派で、風呂も素晴らしかった。(実は、登山前夜の宿として一番先に予約の電話したところだが、満室で泊まれなかった宿だ。)


この日は、富良野にある中條さんの奥さんの実家に泊めていただく。奥さんの実家は、「森との共生」をテーマにした家だそうで、素晴らしい環境の中の家だった。私も出来ることなら、この様な空間で生活をしたい。
夜は「炭焼倶楽部 YAMADORI」という焼肉屋に行く。この日は、由美さんは来られなかったが、地元の由美さんのお奨めの店だったので、本当に美味い焼肉だった。特に奮発した「ふらの和牛リブロース(3500円)」は、素晴らしい肉で美味かった。

▼7月12日 トムラウシ山 山頂

7月12日 トムラウシ山 山頂

▼トムラウシ公園から十勝岳を望む

トムラウシ公園から十勝岳を望む